仙台滞在記 ⑤ 晩翠草堂


不朽の名作「荒城の月」の作詞家として有名な
詩人、英文学者の土井晩翠さんが住んでいたお家へ。



e0369736_22074528.jpg
仙台の街中。
ビルとビルに挟まれるようにそのお家はあります。




e0369736_21420600.jpg
仙台市街は新しい建物が多いので、時代に取り残されたような
印象を受けます。

このお家は、晩翠さんが戦災で住居と蔵書を失って、
落ち込んでいた時に、教え子たちと市民有志が中心となって
晩翠さんのために建設した建物なのだそうです。

晩翠さん、愛されていたんですね。




e0369736_23010619.jpg
お家の中には、晩翠さんの著作物や写真パネルの他、
使用していたベッドや下駄、愛用品などが展示されています。




e0369736_23471806.jpg
この詩集が晩翠さんが最初に出した本。
この2年前に『若菜集』を発表していた島崎藤村とともに
「藤晩時代」と呼ばれ、高く評価されたそうです。




kindleで¥0で読めますー!

天地有情
天地有情
posted with amazlet at 17.10.25
(2012-10-04)




e0369736_23473332.jpg
晩翠さんは、他にもいろいろ詩集や翻訳本など出版しています。




e0369736_23474866.jpg
レトロな装丁に萌え♡

晩翠さんは、日本全国たくさんの校歌を
作詞したことでも有名な方です。



e0369736_23475472.jpg
晩翠さんに想いを馳せてるチャーリー。
すると、小さな声が聞こえてきました。

「こっちこっち」




e0369736_21421774.jpg
お庭に晩翠さんの銅像が。
チャー:「あのお声は晩翠アニキでしたか」
晩翠さん:「ゆっくりしておゆきなさい」






晩翠草堂(ばんすいそうどう)  せんだい旅日和

http://www.sentabi.jp/guidebook/attractions/view/86





by charlienoguchi | 2017-10-27 11:43 | | Comments(0)

写真家 野口さとこの相棒、モデルのチャーリーの世界。 美味しいものと京都慕情。日常と珍道中。


by チャーリー
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31