2019年 08月 06日 ( 1 )



津軽の文豪といえば……、



e0369736_11372349.jpg
チャー:「太宰治アニキ!」

彼が育った金木町の生家、
太宰治記念館を訪ねました。




e0369736_10385274.jpg
この豪邸は明治40年、太宰治の父、
津軽の大地主で実業家、津島源右衛門さん
によって建てられた建築です。

戦後になって津島家が手放し、
昭和25年から旅館 ”斜陽館” となり、
現在は”太宰治記念館”となっています。




e0369736_11373134.jpg
まずは蔵の前で撮影してみました。




が……、




チャー:「うーん、うーん、
     イマイチ盛り上がりに欠けない?
     そうだ!」




e0369736_11373382.jpg
チャー:「ぐふふ」




e0369736_11383297.jpg
作務衣に法被姿になってみました。
チャー:「この方がしっくりくるっしょ?」




e0369736_11383340.jpg
旅館 ”斜陽館” の番頭さん気分のようで。

こちらは板の間。
吹き抜けから入る自然光がいい感じ。




e0369736_11383799.jpg
昔のお家は、家族の中でも身分制度が
あったそうで、一段高い座敷でご飯を
食べることができたのは、お父さんと
長男だけだったそうです。

この段差、少し高くなっているだけ
なのですが、うっかりしてると、
ずっこけちゃうので要注意。




e0369736_11383832.jpg
4部屋の和室を開放すると、
63畳の大広間になるらしい。
とにかく作りが大きい島津家です。

チャー:「大宴会ができますねぇ」




e0369736_11384365.jpg
チャー:「お仏壇も大き〜い!」




e0369736_11384411.jpg
意匠が凝らされていて、細部への
こだわりが感じられます。

太宰治は、
”風情も何もないただ大きいのである”
と思っていたようですが……。




e0369736_11385002.jpg
チャー:「も〜い〜よっ」




……、誰とかくれんぼ?




e0369736_11384960.jpg
太宰治に想いを馳せる。





e0369736_11411130.jpg
チャー:「2階もあるよー」




e0369736_11394868.jpg
和洋折衷な感じがとっても素敵。




e0369736_12005939.jpg
2階からお庭を望む。




e0369736_12010009.jpg
鹿鳴館風の洋間。




e0369736_12010438.jpg
こちらはお母さんのお部屋だった空間。
右から三番目の襖に書かれている漢詩に
ご注目なのでございます。




e0369736_11405748.jpg
「斜陽」という文字が。
旅館時代から太宰ファンに「斜陽の間」
として親しまれてきたそうな。




e0369736_12010555.jpg
鬼に捕まったようで……、
かくれんぼ終了のようです。




e0369736_12011272.jpg
鬼の正体は階段の装飾でした。




e0369736_12011953.jpg
蔵に続く階段。
太宰治は子どもの頃、
この階段で遊んでいたそうです。




e0369736_12012823.jpg
小さな太宰治に会いました。
彫刻家 中村晋也さんの作品。




太宰治像に見とれていると……、




e0369736_12012766.jpg
津軽美人に出会ったのであります。

長尾真紀子さん。
五所川原で音楽教室や書道教室の先生を
している傍ら、太宰治のイベントなどで
作品の朗読をしたり、イベントの司会を
しているという、素敵な女性。



真紀子さん:「おめ、だだば !?
チャーリー:「わ、チャーリーだぢゃ



津軽弁での会話に挑戦。




e0369736_12214003.jpg
真紀子さん:「デッけぇ銅像は公園さ
       行げばあるばって、イグ?

という訳で、ご案内していただけることに。




e0369736_12032644.jpg
の前に、何故か駅。




e0369736_12031624.jpg
なんと、
公園の中に汽車が走っているのです!
電車じゃなくて、汽車ですよ!




e0369736_12031709.jpg
津軽鉄道、その名も ” 走れメロス号 ”




e0369736_12214115.jpg
真紀子さん:「これが太宰治の銅像だおん」
チャーリー:「おんろー、かっこいっきゃ!」




e0369736_18521554.jpg



短い時間でしたが、バイリンガルの
真紀子さんから津軽弁をちょこっと
教えていただきました。
日本語とは思えないフランス語のような
なめらかな言葉はなかなかにディープで
クセになりました。

真紀子さん、ありがどーごし!










by charlienoguchi | 2019-08-06 21:54 | | Comments(0)

写真家 野口さとこの相棒、モデルのチャーリーの世界。 美味しいものと京都慕情。日常と珍道中。satokonoguchi.com


by チャーリー
プロフィールを見る
更新通知を受け取る