2019年 08月 23日 ( 2 )

京都御苑の拾翠亭


e0369736_19145645.jpg
チャー:「拾翠亭に行ってみよう〜」




e0369736_18282213.jpg
ということで、京都御苑内にあります
” 拾翠亭(しゅうすいてい) " へ。





e0369736_19554325.jpg
江戸時代後期、五摂家の一つ
九条家の別邸として建てられ、
茶会や歌会などの社交の場に
利用されていたそうです。




e0369736_18330765.jpg
”拾翠"という名前には、
”緑の草花を拾い集める”
という意味が込められて
いるのだそうです。

チャー:「まさにそんな感じですなぁ」




e0369736_18312825.jpg
広い縁側。
貸切状態でした。




e0369736_18302547.jpg
チャー:「ほぅ、こりゃいいや」



はて?



何が?



e0369736_18303836.jpg
大きな沓脱石でした。




e0369736_18305432.jpg
確かに良さそう。




e0369736_19473336.jpg
見上げるとここにもサルスベリ。
九条家の方々はサルスベリが
お気に入りだったのでしょうか。



こちらの記事もどうぞ。
 ↓




e0369736_19505303.jpg
手水鉢にサルスベリという演出がニクい。




e0369736_19445455.jpg
茶室へと続く廊下。




e0369736_18284747.jpg
チャー:「渋い……」




e0369736_18300572.jpg
築200年の建物は、
随所から貫禄を感じます。




e0369736_18315973.jpg
急な階段を上って2階へ。




e0369736_18322107.jpg
チャー:「なんとも素敵な眺め♡」




e0369736_18340882.jpg
九条家の方々もこの景色を
愉しまれていたのでしょうか。



e0369736_19201290.jpg
”縁高欄(えんこうらん)”という
手摺から九条池を見下ろすことが
できます。




e0369736_18324356.jpg
障子は、紙を1/2づつずらして貼る
”石垣貼り”です。
大変高度な技が要る貼り方らしく
光のニュアンスが美しい。




e0369736_19210159.jpg
欄間には、”丁子七宝 ”の紋の
意匠が凝らされています。




e0369736_18344876.jpg
ちょっぴりかしこまって。




e0369736_18351797.jpg
九條池の対岸に、厳島神社があります。
平清盛が建立したということですから、
拾翠亭が立てられるよりずっと前から
こちらにお祀りされているのですね。




e0369736_18351865.jpg
チャー:「お参りにきましたよ〜」

チャームポイントは、
唐破風鳥居という屋根がぽこんと
滑らかな形をしているところ。
京都三珍鳥居のひとつなんですって。






京都御苑 拾翠亭(しゅうすいてい)






by charlienoguchi | 2019-08-23 08:00 | 京都 | Comments(0)



あっちぃ〜 あっちぃ〜京都から、
チャー:「こんにちわ〜ぁ」



e0369736_22212551.jpg
チャー:「蕩けそうー!」




e0369736_10120821.jpg
夏のお花、サルスベリに
会いにきました。




e0369736_10284966.jpg
まずは日陰で休憩。




e0369736_10313082.jpg
チャー:「鮮やなピンク💕」




e0369736_15405173.jpg
キレイな色を見ていると、
束の間、暑さを忘れます。




e0369736_15405079.jpg
蕾も可愛い。




e0369736_10361972.jpg
チャー:「いい眺めだねぇ」




e0369736_16571529.jpg
木肌がスベスベで、お猿さんが登ろうとしても
滑ってうまく木に捕まることができないので、
”猿滑”と表記することもあるそうですが……、
実際にはお猿さんは滑ることもなく簡単に
上ってしまうそうです。


チャー:「ほら、チャーリーにも上れましたよ」


サルスベリは、100日間咲き続けることから
" 百日紅 ” とも書くそうです。




e0369736_22264849.jpg
甘い香りのする白いお花も満開でした。




e0369736_17020908.jpg
チャー:「たまらなく素敵な香りに
     癒されるわぁ!」



” クサギ ”というお花でした。
とってもいい香りだったのに、
”臭木” と書くらしい。




e0369736_21232280.jpg
チャー:「太鼓橋へいってみましょう」




e0369736_21232150.jpg
太鼓橋のかかる九条池にもサルスベリ。

ちなみにここ九条池は、
五摂家の一家、九条邸の庭園跡で、
この一角に、九条家の別荘だった
拾翠亭があります。




e0369736_19140332.jpg
チャー:「カメさんに、カモさんに、
     アオサギさんまで!」

なんと牧歌的な風景……。
九条池、大人気でございます。




e0369736_19145645.jpg
チャー:「あそこに見えるのが
     拾翠亭ですな」



次回は、その ”拾翠亭” を
ご案内いたしまっす。









by charlienoguchi | 2019-08-23 06:30 | 京都 | Comments(0)

写真家 野口さとこの相棒、モデルのチャーリーの世界。 美味しいものと京都慕情。日常と珍道中。satokonoguchi.com


by チャーリー
プロフィールを見る
更新通知を受け取る