カテゴリ:京都( 65 )

京都御苑の拾翠亭


e0369736_19145645.jpg
チャー:「拾翠亭に行ってみよう〜」




e0369736_18282213.jpg
ということで、京都御苑内にあります
” 拾翠亭(しゅうすいてい) " へ。





e0369736_19554325.jpg
江戸時代後期、五摂家の一つ
九条家の別邸として建てられ、
茶会や歌会などの社交の場に
利用されていたそうです。




e0369736_18330765.jpg
”拾翠"という名前には、
”緑の草花を拾い集める”
という意味が込められて
いるのだそうです。

チャー:「まさにそんな感じですなぁ」




e0369736_18312825.jpg
広い縁側。
貸切状態でした。




e0369736_18302547.jpg
チャー:「ほぅ、こりゃいいや」



はて?



何が?



e0369736_18303836.jpg
大きな沓脱石でした。




e0369736_18305432.jpg
確かに良さそう。




e0369736_19473336.jpg
見上げるとここにもサルスベリ。
九条家の方々はサルスベリが
お気に入りだったのでしょうか。



こちらの記事もどうぞ。
 ↓




e0369736_19505303.jpg
手水鉢にサルスベリという演出がニクい。




e0369736_19445455.jpg
茶室へと続く廊下。




e0369736_18284747.jpg
チャー:「渋い……」




e0369736_18300572.jpg
築200年の建物は、
随所から貫禄を感じます。




e0369736_18315973.jpg
急な階段を上って2階へ。




e0369736_18322107.jpg
チャー:「なんとも素敵な眺め♡」




e0369736_18340882.jpg
九条家の方々もこの景色を
愉しまれていたのでしょうか。



e0369736_19201290.jpg
”縁高欄(えんこうらん)”という
手摺から九条池を見下ろすことが
できます。




e0369736_18324356.jpg
障子は、紙を1/2づつずらして貼る
”石垣貼り”です。
大変高度な技が要る貼り方らしく
光のニュアンスが美しい。




e0369736_19210159.jpg
欄間には、”丁子七宝 ”の紋の
意匠が凝らされています。




e0369736_18344876.jpg
ちょっぴりかしこまって。




e0369736_18351797.jpg
九條池の対岸に、厳島神社があります。
平清盛が建立したということですから、
拾翠亭が立てられるよりずっと前から
こちらにお祀りされているのですね。




e0369736_18351865.jpg
チャー:「お参りにきましたよ〜」

チャームポイントは、
唐破風鳥居という屋根がぽこんと
滑らかな形をしているところ。
京都三珍鳥居のひとつなんですって。






京都御苑 拾翠亭(しゅうすいてい)






by charlienoguchi | 2019-08-23 08:00 | 京都 | Comments(0)



あっちぃ〜 あっちぃ〜京都から、
チャー:「こんにちわ〜ぁ」



e0369736_22212551.jpg
チャー:「蕩けそうー!」




e0369736_10120821.jpg
夏のお花、サルスベリに
会いにきました。




e0369736_10284966.jpg
まずは日陰で休憩。




e0369736_10313082.jpg
チャー:「鮮やなピンク💕」




e0369736_15405173.jpg
キレイな色を見ていると、
束の間、暑さを忘れます。




e0369736_15405079.jpg
蕾も可愛い。




e0369736_10361972.jpg
チャー:「いい眺めだねぇ」




e0369736_16571529.jpg
木肌がスベスベで、お猿さんが登ろうとしても
滑ってうまく木に捕まることができないので、
”猿滑”と表記することもあるそうですが……、
実際にはお猿さんは滑ることもなく簡単に
上ってしまうそうです。


チャー:「ほら、チャーリーにも上れましたよ」


サルスベリは、100日間咲き続けることから
" 百日紅 ” とも書くそうです。




e0369736_22264849.jpg
甘い香りのする白いお花も満開でした。




e0369736_17020908.jpg
チャー:「たまらなく素敵な香りに
     癒されるわぁ!」



” クサギ ”というお花でした。
とってもいい香りだったのに、
”臭木” と書くらしい。




e0369736_21232280.jpg
チャー:「太鼓橋へいってみましょう」




e0369736_21232150.jpg
太鼓橋のかかる九条池にもサルスベリ。

ちなみにここ九条池は、
五摂家の一家、九条邸の庭園跡で、
この一角に、九条家の別荘だった
拾翠亭があります。




e0369736_19140332.jpg
チャー:「カメさんに、カモさんに、
     アオサギさんまで!」

なんと牧歌的な風景……。
九条池、大人気でございます。




e0369736_19145645.jpg
チャー:「あそこに見えるのが
     拾翠亭ですな」



次回は、その ”拾翠亭” を
ご案内いたしまっす。









by charlienoguchi | 2019-08-23 06:30 | 京都 | Comments(0)



大原では、



e0369736_18270488.jpg
紫蘇の畑をたくさん見ました。




e0369736_14263832.jpg
何気なく入ったおうどん屋さんの
柴漬けがとっても美味しかったり、




e0369736_14263963.jpg
チャー:「つやつやですな」




e0369736_17490568.jpg
思わず買ってしまった紫蘇ソフトが
爽やかで美味しかったり。




e0369736_18275101.jpg
さてさて、寂光院へ。
こちらは大原女のモデルとなった
阿波内侍さんが2代目の住職を
務められたお寺です。



e0369736_18275292.jpg
趣のある山門。




e0369736_18280801.jpg
寂光院は、594年に聖徳太子のお父さん
用明天皇の菩提を弔うために建立され、
聖徳太子の御乳人であった玉照姫が
初代住職を務められたそうです。
それからずっと尼寺なのだとか。




e0369736_18275988.jpg
第3代の平清盛の息女・建礼門院徳子さんが、
壇ノ浦で滅亡した平家一門と、徳子さんの子
安徳天皇の菩提を弔いながら晩年を過ごした
ことでも知られています。
その後も高貴な方々によって守られてきた
寺院です。



e0369736_18275362.jpg
お庭も気品が漂っています。




e0369736_18280028.jpg
こちらでも、
沢山のユキノシタに出会いました。




e0369736_18280578.jpg
ご本尊は六万体地蔵尊菩薩。
平成12年に、不慮の火災によって
焼損してしまったそうですが、
現在は模刻された地蔵菩薩像が新しい
本堂にお祀りされています。
大きなお身体に鮮やかでしっとりした
色合いのお地蔵さまに出会えます。




e0369736_18280403.jpg
余韻にひたるチャーリー。





寂光院







by charlienoguchi | 2019-07-18 19:57 | 京都 | Comments(0)


先月のこと。

ふらりと京都、大原へ。



e0369736_09192658.jpg
今回、三千院は素通り。




e0369736_17462608.jpg
途中、ユキノシタの群生に出会いました。




e0369736_17463392.jpg
チャー:「可愛い💕」




e0369736_17463922.jpg
ユキノシタって群生するんですね。
こんなにいっぱい咲いてるのを
初めて見ました。




e0369736_18335232.jpg
チャー:「なんて可愛いんだー💕」
と、すっかりユキノシタにご執心の
チャーリーなのであった。




e0369736_17464520.jpg
さてさて、橋を渡って……、




e0369736_17483070.jpg
宝泉院さんへ。




e0369736_17484354.jpg
鶴亀庭園。
コンパクトさがとても落ち着きます。




e0369736_17484870.jpg
拝観料にはお茶券が付いています。




e0369736_17490039.jpg
お茶をいただきながら、お庭を鑑賞。




e0369736_17485212.jpg
ニッキの香りのするお菓子でした。




e0369736_17485913.jpg
目の前には、五葉松(ごようまつ)。
樹齢700年だそうで、貫禄の佇まいでした。






宝泉院
http://www.hosenin.net/





by charlienoguchi | 2019-07-17 18:30 | 京都 | Comments(0)



白龍園 から、叡山電車を乗り継いで、
八瀬比叡山口へ。



e0369736_12455557.jpg
そこから歩いて5分ほどで
”瑠璃光院 ”に到着です。




門を入って見上げると……、




e0369736_12475109.jpg
チャー:「ほぉ〜💕」
グリーンのベールに包まれていました。




e0369736_12462371.jpg
チャー:「苔も美しい💕」




e0369736_12480457.jpg
書院からの眺め。




e0369736_12494991.jpg
迫りくる新緑!




e0369736_12482069.jpg
この写り込みはテッパンです。




e0369736_12482579.jpg
廊下の写り込みも。




e0369736_12483045.jpg
とにかくリフレクションが印象的。




e0369736_12484188.jpg
池にもリクレクション。




e0369736_12501834.jpg
瑠璃の庭へ。




e0369736_12485787.jpg
チャー:「苔の海で泳ぎたい」




e0369736_12502690.jpg
茶室。
格子模様が楽しい。




e0369736_12504930.jpg
もう一つの茶室へご案内いただきました。
床の間には鈴木大拙の書が。




e0369736_12511153.jpg
茶室の丸窓。
木のシルエットがまるで絵画のよう。




e0369736_12511555.jpg
開けても美しい。




e0369736_12512691.jpg
心霊写真か!?




e0369736_12504240.jpg
みなさんでお茶をいただきました。




e0369736_12503795.jpg
チャー:「ほっとするぅ……」




e0369736_12505899.jpg
瑠璃光院の大梅さんと。
チャーミングな方です♪





瑠璃光院、秋編もどうぞ。
瑠璃光院 〜2018 秋の紅葉〜



by charlienoguchi | 2019-06-25 09:31 | 京都 | Comments(0)


5月のある日のこと。



e0369736_07571139.jpg
叡山電車に乗って、鞍馬・二ノ瀬へ。
チャー:「植物たちが元気だなぁ」




e0369736_07571622.jpg
連行されるチャーリー。




その先は……、




e0369736_08020598.jpg
子供服メーカーの青野株式会社の創業者、
青野正一氏によって約50年前に作られた
お庭”白龍園”です。

観光都市京都にありながら
1日100人限定のため、
静かにゆっくりと楽しめます。




e0369736_07573358.jpg
ガーデンデザイナーのゆーりー先生こと
烏賀陽百合さんにご案内いただき、

イラストレーターのダイモンナオさん
和菓子職人の名主川千恵さん
和菓子職人の藤田のりこさん
とご一緒しました。




e0369736_07575745.jpg
青野株式会社社長で、白龍園の園主、
青野雅行さんにお会いできました!

いつも素敵な笑顔で迎えてくれる
アニキです。




e0369736_08003280.jpg
庭師の川名友菜さん。

モリアオガエルの卵を
見せてくれるの図。




e0369736_08003329.jpg
ご本人は、恥ずかしがり屋のようで。




e0369736_08003595.jpg
ユキノシタも可憐に咲いてます。




e0369736_08012197.jpg
あずま屋 ”龍吟亭”にて。




e0369736_08012214.jpg
素敵な女性たちにチヤホヤされて
満面の笑みでございますな。




e0369736_11030513.jpg]
チャーリーはこの大きな灯籠がお気に入り。




e0369736_11030993.jpg
”奥之院型灯籠” といって、
春日大社の奥ノ院にある燈籠がルーツで
大きくて、六角で、装飾が凝っていて、
十二支が刻られているのが特徴。
(ゆーりー先生談)

ちなみにチャーリーが見てるのは
虎と卯です。
なかなか可愛いのだ。




e0369736_08021209.jpg
こちらは ”福寿亭" 。
苔がモコモコで美しい。




e0369736_08054531.jpg
それぞれのあずま屋からのフレーム構図も
それはそれはお見事なのです。




e0369736_08052868.jpg
スクリーン効果が凄すぎます。




e0369736_08052901.jpg
うっとり。




e0369736_08020615.jpg
園内には鳥居があって、
「白髭大神」と「八大龍王」が
大切に祀られてます。




e0369736_08025595.jpg
目には見えないけれど、
精霊の気配を感じてしまう
そんな聖なる場所。




e0369736_08030292.jpg
チャー:「ほぉ〜、キュート💕」




e0369736_08030327.jpg
みなさん、下を向いて熱心に
ゆーりー先生の解説を聞いています。




e0369736_08031805.jpg
ヒカゲノカズラ(日陰の葛)という
シダ類の植物でした。

ゆーりー先生と庭を歩くと
色々教えてもらえて
気づきが得られたり
視野が広がるのが愉しい。




e0369736_08054823.jpg
高台へ。
チャー:「ここでビール飲めたら最高だろうなぁ……」




e0369736_08055879.jpg
休憩時間の友菜さんに遭遇。

庭師さんは体力仕事。
汗もたくさんかくそうです。
そんなわけで、
水筒がチャーリーより大きい!?




e0369736_08055797.jpg
造営時から白龍園を守っておられる
庭師の水相敏考さんと。






e0369736_07573778.jpg
小さな獅子さんもひっそりと。
チャー:「見つけてね!」






白龍園







More
by charlienoguchi | 2019-06-24 12:30 | 京都 | Comments(0)

修学院離宮、ふたたび





春の訪れを感じはするけれど
まだまだコートが手放せない頃、
ガーデンデザイナーの烏賀陽百合さんと
修学院離宮へ。




e0369736_07593841.jpg
ゆーりーさんの新刊
”しかけにときめく「京都名庭園」”の
トップバッターとして修学院離宮が
紹介されています。

チャー:「この本読んで
     予習してきましたよっ!」







チャーリーのマネジャー兼フォトグラファーの
野口さとこもちょこっと撮影のお手伝いさせて
いただきました。




e0369736_07593762.jpg
修学院離宮は宮内省が管理していて、
宮内省の方がガイドをしてくれるんです。

チャー:「再会できて嬉しいですよぅ!」

奇遇にも、前回ご案内いただいた
野村さんにお会いできました。






修学院離宮は、後水尾上皇が自ら設計図を
書いたほどの、上皇の美意識とロマンが
感じられるお庭……、ということです。

それを念頭に観て行くと、
「うんうん、ふむふむ、ほぅほぅ!」
と相成りました。




e0369736_07594693.jpg
修学院離宮は下・中・上で構成されていて、
まずは下離宮から始まります。

こちらの御幸門から下離宮へ。




e0369736_07594795.jpg
総勢30名くらいでのツアーです。




e0369736_07595109.jpg
ゆーりーさんの本の中でも
紹介されている”袖形灯籠”。

ワニが口を広げているようにも
見えることから、”鰐口灯籠”とも
呼ばれているそうです。




e0369736_07595253.jpg
ほかにも、こんな灯籠や、




e0369736_07595676.jpg
あんな灯籠など、
個性的でよい形の灯籠が。




e0369736_07595701.jpg
さて、寿月観に到着です。
上皇はこちらで休憩して、
上離宮へ赴く準備をしたそう。




e0369736_08000279.jpg
チャーリーも休憩。




東門から出ると視界が大きく開けます。




e0369736_09340902.jpg
田園風景が広がっていて、
そのスケールにびっくりします。




e0369736_09342432.jpg
後水尾上皇は、季節の移ろいを楽しむために、
まわりの田園風景を取り入れたそう。

山々の借景も素晴らしく、どこからどこまでが
修学院離宮なのか境目がわかなくなる……、
これこそがこの庭園の醍醐味なのですね。





e0369736_17573507.jpg
中離宮へ。




e0369736_17350106.jpg
楽只軒(らくしけん)を説明中の野村さん。

関西弁を交えてのお話がためになるやら
面白いやらでみんな釘付け。

楽只軒は後水尾天皇の皇女、光子内親王のために
建てられた山荘で、後水尾上皇の亡くなられた後
光子内親王が父を弔うため、林丘寺というお寺に
したそうです。




e0369736_17532702.jpg
ちなみに現在の林丘寺は、
この階段の上にあります。




e0369736_17404616.jpg
建物の中は、このアンバランスな階段で
繋がっているらしい。




e0369736_18034386.jpg
楽只軒をくるっとまわって、客殿へ。
チャー:「菊の御紋だ!」




e0369736_18034220.jpg
漁村で網を干した形を表す”網干の欄干”。
チャー:「網干に美意識を感じたんですねぇ」




e0369736_21180080.jpg
いよいよ、松の道を通って上離宮へ。
チャー:「わくわく……」




e0369736_21153797.jpg
途中に見えてくるのが、大刈込み。
何種類もの常緑樹を混植することで、
変化を楽しむという工夫が。

この刈込み具合には誠実さを感じます。




e0369736_21170039.jpg
いよいよクライマックス。

「ぜった後ろを振り向かないで一気に上って」

と、野村さんに言いつけられるも、
左右の視界閉ざされた上に後ろが
気になって仕方がないチャーリー。

(もしかして百太郎が……←チャーリー心の声)







上りきって、




やっとこさ、




振り返るお許しが出ました。




e0369736_21570445.jpg




チャー:「わーぉ!」




e0369736_21322060.jpg
あいにくの曇り空でしたが、遠くに見える
山々のシルエットが素敵でした。





e0369736_21325714.jpg
ご一緒した、
山本さん、ダイモンナオさん、かおちゃん、
そして烏賀陽百合さんと。




e0369736_22311791.jpg
池を一周して振り返ると、
さっき景色を見下ろした隣雲亭が。




e0369736_21211497.jpg
さいごに野村さんと記念撮影。
ありがとうございました。





前回は夏に行ってましたわ。
暑かったなぁ……。
 ↓
修学院離宮で美に触れる




烏賀陽百合さんの本。



ここが見どころ 京都の名園 (淡交ムック)
烏賀陽百合
淡交社 (2019-01-29)
売り上げランキング: 213,339
















by charlienoguchi | 2019-04-15 22:05 | 京都 | Comments(0)



油小路通沿、中立売から少し下がったところ、
好文舍さんへ。



e0369736_09581199.jpg
白いのれんが、初々しい。




e0369736_09581447.jpg
飾り気のない、シンプルな看板に好感度あがります。




e0369736_09581740.jpg
のれんをくぐると、京都らしい路地が。
こちらを奥まで進みます。




e0369736_09582015.jpg
まるでお友達のお家に遊びに来たかのような
気分にさせてくれます。




e0369736_09590332.jpg
マスターの宇野さんです。
宇野さん:「いらっしゃい」
チャー:「おじゃましまーす♪」




e0369736_09594082.jpg
もともとマッサージ店を経営していた宇野さんは
2年前にこの築100年の古い町家との出会い、
ここでマッサージとカフェのお店をやろうと思い立ち、
時間をかけてリノベーションし、昨年末にオープンと
相成ったそうです。

とても丁寧に、空間を大事にしながら改装されていて
お家自体も気持ちがよさそうです。

奥のお部屋がマッサージスペースになっています。





e0369736_10001171.jpg
お庭は、宇野さんのご友人で、南禅寺天授庵の
お手入れをされている庭師さんが作られたとか。

灯篭はもともとここにあったもの、
石たちはここの地中に埋まっていたものを
使っているのだそう。

梅の花も咲いて、癒しの空間になっています。





e0369736_10002131.jpg
梅の花は、古くは好文とも呼ばれていたそうで、
店名の ”好文舍” の由来となっているとか。
文化的なサロンとしても機能させていきたいという
思いも込めて、好文舍と名付けたそうです。




e0369736_10004937.jpg
お菓子をいただきながらコーヒー。




e0369736_10010698.jpg
コーヒーは、コラソンさんのブレンドです。




コラソンさんといえば!こちらの記事をどうぞ。




e0369736_10014210.jpg
ぼ〜っとできて、ついつい長居してしまいます。




e0369736_10021351.jpg
「ごにょごにょ〜の〜、ごにょ」


宇野さんと打ち合わせ。


3月17日(日)、好文舍さんで、カメラレッスンを
させていただくことになりました。




デジタルカメラ はじめのいっぽ





お店情報:

好文舍 facebook

ヘルストレイル マッサージルーム





by charlienoguchi | 2019-02-19 08:44 | 京都 | Comments(0)


e0369736_16221789.jpg
京都、東山五条の住宅街の路地へ。




e0369736_16222515.jpg
ここ、河井寛次郎記念館は、
寛次郎さん自らが設計デザインを手がけ、
自宅兼仕事場として使っていた建物です。




e0369736_17464409.jpg
普通の京町家ではなく
日本各地の民家を参考にしたという
寛次郎さんのこだわりがつまったお家。




e0369736_17015299.jpg
館内の家具や調度類も、寬次郎さんがデザインしたり、
制作したりしたもの、そして蒐集したものだそうです。




e0369736_16230032.jpg

e0369736_17005044.jpg
展示ケースの中には繊細な作品が。




e0369736_16241128.jpg
説明書きなどは、ついていないものがほとんど。
見て、(ものによっては) 触れて、感じて、
当時の生活や創作に思いを馳せるのがいいですね。




e0369736_16242694.jpg
チャー:「こっち、こっち」




e0369736_16232913.jpg
チャーリーに呼ばれて行ってみると……、




e0369736_16234147.jpg
チャー:「登り窯だーよー!」
初めて目にした登り窯に興奮。




e0369736_16242053.jpg
素晴らしくシックで雰囲気のある空間でした。




e0369736_16343193.jpg
こちらは素焼窯。
チャー:「神様が宿るんですねぇ」




e0369736_17005902.jpg
チャー:「座り心地いいなぁ♪」




e0369736_17010020.jpg
チャーリーが座るのにちょうどよい
コンパクトで、個性的で、魅力的な
椅子がいろいろありました。




e0369736_17010169.jpg
着物姿が馴染んでます。




e0369736_17011824.jpg
タイムスリップした気分に。




e0369736_17012789.jpg
部屋の中のあちらこちらに作品が。
個性的な作品たちも、いい感じに馴染む空間です。




e0369736_17012863.jpg
ポーカーフェイスの招き猫も。




e0369736_17021008.jpg
ここにも猫さん。
チャー:「さっきの招き猫と似てますね」




e0369736_17014291.jpg
街の喧騒を離れて、静かで落ち着ける場所。
寛次郎さんに思いを馳せるチャーリー。




e0369736_17013488.jpg
リアルな猫さんにも遭遇。

猫さん:「あんた誰やっ!」
チャーリーの顔をみて引きつってる顔を激写。




e0369736_19452910.jpg
その後は、ずっとそっぽを向かれてしまい、
仲良くなれませんでした……。

チャー:「猫さぁん」
(しつこいなぁ←猫さん心の声)






河井寛次郎記念館








by charlienoguchi | 2019-02-15 19:34 | 京都 | Comments(0)



北野天満宮 ” 梅ノ枝 思いのまま "


天神様の梅の枝には、
無病息災・厄除祈願、学問・芸能の
ご神徳があるとのことで、

境内の梅を剪定する時にでる梅枝が、
お正月から授与されています。



授与していただくときは、蕾の状態。

お家で水にさして、数日待っていると、
ちらほらと花が咲いてくるのですが、
その様子がなんともいとおしい。


昨年は、
小さな白い花がちらほら咲いたのですが、
今年はどんな花が咲いてくれるのかしら♪
と楽しみに待つこと、2週間くらいですかね。




e0369736_22285261.jpg
チャー:「ぐふふ、可愛いお花が咲きましたよ〜」




e0369736_22245499.jpg
チャー:「今年は濃いピンク💕」




e0369736_09410874.jpg
チャー:「可愛いなぁ💕」




e0369736_09411672.jpg
可憐で誇らしげです。




e0369736_09380436.jpg
チャー:「ピュアな生命力を感じますよぅ」




e0369736_22280621.jpg
チャー:「なんだか元気でますよー」




e0369736_22280544.jpg
チャー:「咲いてくれてありがとう💕」




e0369736_22275994.jpg
チャー:「こちらの蕾も咲くといいな」




e0369736_22280235.jpg
チャー:「皆さま、春ですね!」





北野天満宮 思いのまま
http://kitanotenmangu.or.jp/lp_3.php









by charlienoguchi | 2019-02-07 09:09 | 京都 | Comments(0)

写真家 野口さとこの相棒、モデルのチャーリーの世界。 美味しいものと京都慕情。日常と珍道中。satokonoguchi.com


by チャーリー
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31