<   2017年 10月 ( 43 )   > この月の画像一覧


ザ・プレミアム・モルツ の工場見学 を終えたチャーリー。



e0369736_20321149.jpg
チャー:「いやぁ、勉強になったし楽しかったぁ!」



それでは


いよいよ


いよいよ


お楽しみの


試飲タイム!



e0369736_20293770.jpg
チャー:「イェーイ♪」

まずは、出来立てのプレモルから。
やっぱり、お家で飲むのとは違う……、驚きのうまさ。




e0369736_20302007.jpg
お次は、<香る>エールを。




e0369736_20302963.jpg
チャー:「泡が、泡が! おねえさん流石にお上手!」




e0369736_20303896.jpg
エールビールは、フルーティで香り豊か。




e0369736_20304657.jpg
醸造家がこだわりが凝縮しているマスターズドリーム。

ダンディなアニキを思わせる、シックで濃密なお味♡




e0369736_20324428.jpg
缶ビールでの美味しい泡の作り方、実演コーナー。
最初に勢い良く注ぎ入れ、どんどん泡を作ります。
そのあと、ゆっくり注ぎ入れたら……



e0369736_20325201.jpg
はい出来上がり♪

黄金比、泡の盛り上がり、お見事!
会場から拍手が沸き起こりました。





e0369736_20330113.jpg
チャー:「ますますプレモルが好きになった!」





e0369736_20350544.jpg
ご案内いただいた竹田さん、ありがとうございました〜。




e0369736_20290323.jpg
袖岡さん、ありがとうございました〜。




e0369736_20351584.jpg
チャー:「必ずまた来ます〜〜〜!!!」



ずーっと手を振って見送ってくれた竹田さんに感激。




サントリー〈天然水のビール工場〉京都ブルワリー
http://www.suntory.co.jp/factory/kyoto/






by charlienoguchi | 2017-10-31 09:25 | うんまいうんまい | Comments(0)

またまた阪急線。

e0369736_23524588.jpg

ここから、サントリーのビール工場「京都ブリュワリー」に
工場見学に伺います!




e0369736_12140398.jpg
なんとお迎えに来てくれるんです。
無料で!




e0369736_12180202.jpg
チャー:「楽しみ♪」



e0369736_12221893.jpgチャー:「うんまいビールがどうやって作られるのか
     見てきまーす!」




e0369736_12145518.jpg
チャー:「こんにちは!
     予約してるチャーリーです!」




e0369736_12165051.jpg
受付を済ませたら、綺麗なお姉さんがビールの製造工程を
説明してくれます。




というわけで、ザ・プレミアム・モルツの工場見学スタート♪




まずは、ザ・プレミアム・モルツの原材料から。

e0369736_12151016.jpg
二条大麦麦芽にこのダイヤモンド麦芽を加えて、
一層上質なコクと旨味を引き立てるのだそうです。
これは、食べられます。

チャー:「香ばしくてうんまい」




e0369736_12172775.jpg
チャー:「いい匂い♪」
華やかな香りを出すために使われる欧州産
ファインアロマホップ。
こっちは食べても美味しくないそうです。


ザ・プレミアム・モルツは、この麦芽とホップ、
地下から汲み上げた天然水で仕込むのだそうですー。
もちろん天然水100%!




e0369736_12225097.jpg
仕込槽。

「しっかり麦汁を煮出して濃厚で香ばしい
 麦汁を抽出し、酵母を加えて発酵させる」

「軽やかな香りと良質な苦味を実現するため
 アロマホップは煮沸開始直後に入れ、
 ファインアロマホップは終了後に投入」





e0369736_12171956.jpg
チャー:「ほぅ!ほぅ!」
盛り上がっておりますな。




e0369736_12230686.jpg
醸造家さんのカッチョいい写真を眺めながら
長〜い廊下を歩いて、次の工程へ。




e0369736_12225968.jpg
貯酒タンク。
「発酵が終わったばかりの若いビールをタンクの中で熟成」




e0369736_12231857.jpg
ろ過。
「熟成を終えたビールをろ過してオリや
 役目を終えた酵母を取り除く」




e0369736_12232540.jpg
パッケージング。
「完成したビールを缶やビン、樽などの容器に詰める」

チャー:「ほぉー、こんな機械で充填されるんだ」



全工程、徹底した品質管理のもと、醸造家さんのこだわりのもと、
あの黄金色に澄んだビールが生まれるんですね。



e0369736_12232940.jpg
チャー:「ビールさん、チャーリーん家にも来てね」







後編 はいよいよ、お楽しみの試飲タイム♪





サントリー〈天然水のビール工場〉京都ブルワリー
http://www.suntory.co.jp/factory/kyoto/





by charlienoguchi | 2017-10-31 09:20 | うんまいうんまい | Comments(0)


アサヒビール大山崎山荘美術館 の近くに
素敵なレストランを見つけました。

e0369736_22221089.jpg
チャー:「ランチしよ〜♪」



e0369736_22225254.jpg
チャー:「わぁお♡」




e0369736_22223961.jpg
チャー:「美しい」

炙りカンパチとえのき茸のサラダ
ビーツドレッシング




e0369736_22225686.jpg
厚切りベーコンときのこのトマトスパゲティ




e0369736_22230006.jpg
アーモンドの焼き菓子
グレープフルーツのソルベ


と、撮ってないけどコーヒー。
これでなんと1490円!


チャー:「大満足でっす!」




レストラン タガミ
http://r-tagami.com/





by charlienoguchi | 2017-10-30 11:22 | うんまいうんまい | Comments(0)


ゴトンゴトン♪
ゴトンゴトン♪


e0369736_20365057.jpg
阪急電車に乗ってお出かけです。
チャー:「シャツとシートの色がかぶってしまった……」




e0369736_21115586.jpg
大山崎駅で下車。




e0369736_20371099.jpg
チャー:「この琅玕洞(ろうかんどう)っていう名前の
     トンネルを通って行くんですよー」




e0369736_20372659.jpg
アサヒビール大山崎山荘美術館に到着。




e0369736_20373858.jpg
チャー:「別荘に遊びにきた気分♪」




e0369736_20373330.jpg
この味わい深いクラシカルな建物は、大正から昭和初期に
かけて実業家の加賀正太郎さんが建てた英国風の山荘。

アサヒビール創業者 山本為三郎さんのコレクションの数々が
シックな内装に存在感を放ってました。


12月10日まで 有元俊夫展 開催中でした。
とーーーーーーーっても素敵でしたよ!

(残念ながら、館内は撮影NGだったので写真ありません)








e0369736_20375470.jpg
テラスは撮影できます。




e0369736_21120028.jpg[
チャー:「いい眺め♪」




e0369736_20381129.jpg

地下へとつづく安藤忠雄さん設計の「地中の宝石箱」へ。
こちらも残念ながら写真NG。素敵でした!

左のコンクリートの方が地中館へのアプローチです。




e0369736_20381590.jpg
こんなところで鏡チェック?




e0369736_20393514.jpg
チャー:「ではお庭に行ってみましょう」




e0369736_20385928.jpg
チャー:「なんと美しい!
     イギリスの片田舎にいるみたい♪」




e0369736_20390453.jpg
チャー:「いい休日だなぁ♪」






アサヒビール大山崎山荘美術館
http://www.asahibeer-oyamazaki.com/






by charlienoguchi | 2017-10-29 08:50 | | Comments(0)


マネジャー:「チャーリー、朝ですよ〜」


e0369736_21100558.jpg
チャー:「むにゃむにゃ…もうちょっとぉ」



マネジャー:「おいしい朝食食べに行くよ」



e0369736_21085176.jpg
チャー:「そうだった!
     ロイヤルパークホテルに泊まってるんだった」




e0369736_21111180.jpg
家にはテレビがないので、ついつい熱心に観てしまうチャーリー。



マネジャー:「ってゆーか、お腹すいたからもう行こうよ」



e0369736_21115183.jpg
……の前に、ロイヤルパークホテルのゴージャスなエントランス。




e0369736_21112986.jpg
泊めていただいた高橋様、ありがとうございました。




e0369736_21092014.jpg
優雅な朝食は、お庭のテラスで。
チャー:「なんと楽しい朝食なんだ!」




e0369736_21110308.jpg
チャー:「あー、美味しかった!」




e0369736_21095719.jpg
お庭は、ハロウィーン仕様。




e0369736_23343153.jpg
カボチャがいっぱい。




e0369736_23343908.jpg
カボチャの大将と池を眺めて。
大将:「オレらさぁ、ハロウィーン終わったらどうなると思う?」







ロイヤルパークホテル仙台
https://www.srph.co.jp/




by charlienoguchi | 2017-10-28 07:00 | | Comments(0)

不朽の名作「荒城の月」の作詞家として有名な
詩人、英文学者の土井晩翠さんが住んでいたお家へ。



e0369736_22074528.jpg
仙台の街中。
ビルとビルに挟まれるようにそのお家はあります。




e0369736_21420600.jpg
仙台市街は新しい建物が多いので、時代に取り残されたような
印象を受けます。

このお家は、晩翠さんが戦災で住居と蔵書を失って、
落ち込んでいた時に、教え子たちと市民有志が中心となって
晩翠さんのために建設した建物なのだそうです。

晩翠さん、愛されていたんですね。




e0369736_23010619.jpg
お家の中には、晩翠さんの著作物や写真パネルの他、
使用していたベッドや下駄、愛用品などが展示されています。




e0369736_23471806.jpg
この詩集が晩翠さんが最初に出した本。
この2年前に『若菜集』を発表していた島崎藤村とともに
「藤晩時代」と呼ばれ、高く評価されたそうです。




kindleで¥0で読めますー!

天地有情
天地有情
posted with amazlet at 17.10.25
(2012-10-04)




e0369736_23473332.jpg
晩翠さんは、他にもいろいろ詩集や翻訳本など出版しています。




e0369736_23474866.jpg
レトロな装丁に萌え♡

晩翠さんは、日本全国たくさんの校歌を
作詞したことでも有名な方です。



e0369736_23475472.jpg
晩翠さんに想いを馳せてるチャーリー。
すると、小さな声が聞こえてきました。

「こっちこっち」




e0369736_21421774.jpg
お庭に晩翠さんの銅像が。
チャー:「あのお声は晩翠アニキでしたか」
晩翠さん:「ゆっくりしておゆきなさい」






晩翠草堂(ばんすいそうどう)  せんだい旅日和

http://www.sentabi.jp/guidebook/attractions/view/86





by charlienoguchi | 2017-10-27 11:43 | | Comments(0)


e0369736_19434247.jpg
チャー:「やっほー! 宇宙船みたいでしょ」




e0369736_19223318.jpg
チャー:「こっちこっち!」



せんだいメディアテークにお邪魔しています。



e0369736_19221056.jpg
チャー:「階段もかっちょいい」




e0369736_19211582.jpg
映像センター、ギャラリー、カフェ、ショップなどが入った公共施設。
建築家 伊東豊雄さんの設計で、全建賞やグッドデザイン大賞など数々
の受賞歴を持つ建築です。




e0369736_19212568.jpg
大きなガラスは、開放的。




e0369736_19262358.jpg
チャー:「図書館があるー、覗いてみよう!」





e0369736_19232491.jpg
黙々と読書。
何を読んでるんでしょうか。




e0369736_19232930.jpg
チャー:「ダンディな男になるだい」




e0369736_20234274.jpg
チャー:「世界の民話もオモチロそう」




e0369736_19231535.jpg
チャー:「あはは、あはは、やっぱりオモチロイ」




e0369736_19233563.jpg
せんだいメディアテークは、定禅寺通に面してます。
ガラス張りのモダンな建物であるはずなのに、ケヤキ並木に
とっても馴染んでいて、豊かな感じがするんです。





せんだいメディアテーク
http://www.smt.jp/






by charlienoguchi | 2017-10-27 08:53 | | Comments(0)

伊達政宗公の銅像に会った 後は、
政宗公の魂が祀られている御霊屋へ。


e0369736_19533503.jpg
チャー:「また坂を上って、階段を上るのね……」




e0369736_19554155.jpg
チャー:「おしゃれな看板ですねぇ」




e0369736_19554983.jpg
チャー:「入口・出口の看板も素敵!」




e0369736_19555583.jpg
チャー:「階段かぁ……ふぅ」




e0369736_19560234.jpg
チャー:「着いた♪」
こちらは、涅槃門。




e0369736_19561902.jpg
政宗公の霊廟へと続く階段には、
奉納された印塔が並んでいます。





e0369736_19563433.jpg
いよいよ政宗公の霊廟へ。




e0369736_19590813.jpg
チャー:「なんと、ゴージャス!」




e0369736_20101021.jpg
チャー:「天女さんもいらっしゃいますよ」




e0369736_20102343.jpg
切り株も心なしか伊達な感じ。







瑞鳳殿
http://www.zuihoden.com/

伊達政宗公は今年で生誕450年なのだそうです。
http://www.sentabi.jp/450th/






by charlienoguchi | 2017-10-26 10:34 | | Comments(0)
いざ、仙台城! へやってきたチャーリー。



e0369736_16593082.jpg
仙台城址の敷地内に、神社があるらしいですよ。



e0369736_20543803.jpg

宮城県護国神社。

” 明治天皇の思し召しにより明治維新から大東亜戦争に至るまで、
幾多の戦役でわが国の平和と繁栄を念じつつ、尊い生命を御国に
捧げられた郷土出身者の御霊を祀る ”
(宮城県護国神社のホームページより抜粋)


外からは見えなかったのですが、御本殿は、伊勢神宮の外宮
" 風宮"(かぜのみや)の旧御正殿を移築したものだそうです。




e0369736_16091046.jpg
チャー:「おみくじ引いてみよ〜♪」




e0369736_16091618.jpg
チャー:「やったー、大吉!」
ついてますな。




e0369736_16332343.jpg
チャー:「サイコロの目が出る→芽が出る、ね!」




e0369736_20552319.jpg
トートバッグにつけてみました。
チャー:「いい感じ♪」





宮城県護国神社
http://www.gokokujinja.org/





by charlienoguchi | 2017-10-25 08:10 | | Comments(0)


やってきました、仙台〜♪


e0369736_16062669.jpg
チャー:「今日は、政宗アニキに会いに行くんだ〜!」




e0369736_16060767.jpg
仙台駅から地下鉄に乗り換えて……




e0369736_16112074.jpg
国際センター駅で降りたら歩きます。




e0369736_16063058.jpg
日本のフィギュアスケート発祥と言われる、五色沼を通りまして…




e0369736_16070499.jpg
坂道をえっちらほっちら。




e0369736_16071021.jpg
石塀が見えてきたらもう少しです!
チャー:「もうすぐお城!」




e0369736_16084475.jpg
鳥居をくぐると、あの方に会えるはず。





e0369736_16172950.jpg
チャー:「おぉー! あの勇姿は!」




e0369736_16085528.jpg
チャー:「政宗アニキぃ〜!」
政宗公:「チャーリー殿、京の都からよく参られたのぉ」




e0369736_16102063.jpg

仙台藩初代藩主伊達政宗公であられます。

チャー:「ぎゃ、逆光でお顔が見えない……」
政宗公:「わしの顔は見えなくて結構じゃ。後ろ向いてみ」




e0369736_16085060.jpg
チャー:「ワンダフル!」
政宗公:「お城はもうなくなってしもうてのぅ。
     この景色を眺めながらお城を想像してほしいのじゃ」







e0369736_18552330.jpg
チャー:「あっ、アニキは?」
成実公:「拙者は、伊達成実と申す。政宗公の従兄弟じゃよ。
     伊達家随一の猛将と呼ばれておるわい」



チャー:「へぇ、かっちょいいですね〜
     あのぅ、そんな猛将にひとつお願いがあるんですけど……」
成実公:「なんじゃ、申してみよ」



チャー:「あのね、ごにょごにょ」
成実公:「なんと、わしの命より大切な……
     ふむ、チャーリー殿のたっての願いじゃ」




e0369736_16334345.jpg
チャー:「シャキーん!
     チャーリー侍、見参!」






奥州・仙台 おもてなし集団 伊達武将隊
http://www.datebusyou.jp/






by charlienoguchi | 2017-10-25 08:00 | | Comments(0)

写真家 野口さとこの相棒、モデルのチャーリーの世界。 美味しいものと京都慕情。日常と珍道中。


by チャーリー
プロフィールを見る
更新通知を受け取る