京都御苑の拾翠亭


e0369736_19145645.jpg
チャー:「拾翠亭に行ってみよう〜」




e0369736_18282213.jpg
ということで、京都御苑内にあります
” 拾翠亭(しゅうすいてい) " へ。





e0369736_19554325.jpg
江戸時代後期、五摂家の一つ
九条家の別邸として建てられ、
茶会や歌会などの社交の場に
利用されていたそうです。




e0369736_18330765.jpg
”拾翠"という名前には、
”緑の草花を拾い集める”
という意味が込められて
いるのだそうです。

チャー:「まさにそんな感じですなぁ」




e0369736_18312825.jpg
広い縁側。
貸切状態でした。




e0369736_18302547.jpg
チャー:「ほぅ、こりゃいいや」



はて?



何が?



e0369736_18303836.jpg
大きな沓脱石でした。




e0369736_18305432.jpg
確かに良さそう。




e0369736_19473336.jpg
見上げるとここにもサルスベリ。
九条家の方々はサルスベリが
お気に入りだったのでしょうか。



こちらの記事もどうぞ。
 ↓




e0369736_19505303.jpg
手水鉢にサルスベリという演出がニクい。




e0369736_19445455.jpg
茶室へと続く廊下。




e0369736_18284747.jpg
チャー:「渋い……」




e0369736_18300572.jpg
築200年の建物は、
随所から貫禄を感じます。




e0369736_18315973.jpg
急な階段を上って2階へ。




e0369736_18322107.jpg
チャー:「なんとも素敵な眺め♡」




e0369736_18340882.jpg
九条家の方々もこの景色を
愉しまれていたのでしょうか。



e0369736_19201290.jpg
”縁高欄(えんこうらん)”という
手摺から九条池を見下ろすことが
できます。




e0369736_18324356.jpg
障子は、紙を1/2づつずらして貼る
”石垣貼り”です。
大変高度な技が要る貼り方らしく
光のニュアンスが美しい。




e0369736_19210159.jpg
欄間には、”丁子七宝 ”の紋の
意匠が凝らされています。




e0369736_18344876.jpg
ちょっぴりかしこまって。




e0369736_18351797.jpg
九條池の対岸に、厳島神社があります。
平清盛が建立したということですから、
拾翠亭が立てられるよりずっと前から
こちらにお祀りされているのですね。




e0369736_18351865.jpg
チャー:「お参りにきましたよ〜」

チャームポイントは、
唐破風鳥居という屋根がぽこんと
滑らかな形をしているところ。
京都三珍鳥居のひとつなんですって。






京都御苑 拾翠亭(しゅうすいてい)






by charlienoguchi | 2019-08-23 08:00 | 京都 | Comments(0)



あっちぃ〜 あっちぃ〜京都から、
チャー:「こんにちわ〜ぁ」



e0369736_22212551.jpg
チャー:「蕩けそうー!」




e0369736_10120821.jpg
夏のお花、サルスベリに
会いにきました。




e0369736_10284966.jpg
まずは日陰で休憩。




e0369736_10313082.jpg
チャー:「鮮やなピンク💕」




e0369736_15405173.jpg
キレイな色を見ていると、
束の間、暑さを忘れます。




e0369736_15405079.jpg
蕾も可愛い。




e0369736_10361972.jpg
チャー:「いい眺めだねぇ」




e0369736_16571529.jpg
木肌がスベスベで、お猿さんが登ろうとしても
滑ってうまく木に捕まることができないので、
”猿滑”と表記することもあるそうですが……、
実際にはお猿さんは滑ることもなく簡単に
上ってしまうそうです。


チャー:「ほら、チャーリーにも上れましたよ」


サルスベリは、100日間咲き続けることから
" 百日紅 ” とも書くそうです。




e0369736_22264849.jpg
甘い香りのする白いお花も満開でした。




e0369736_17020908.jpg
チャー:「たまらなく素敵な香りに
     癒されるわぁ!」



” クサギ ”というお花でした。
とってもいい香りだったのに、
”臭木” と書くらしい。




e0369736_21232280.jpg
チャー:「太鼓橋へいってみましょう」




e0369736_21232150.jpg
太鼓橋のかかる九条池にもサルスベリ。

ちなみにここ九条池は、
五摂家の一家、九条邸の庭園跡で、
この一角に、九条家の別荘だった
拾翠亭があります。




e0369736_19140332.jpg
チャー:「カメさんに、カモさんに、
     アオサギさんまで!」

なんと牧歌的な風景……。
九条池、大人気でございます。




e0369736_19145645.jpg
チャー:「あそこに見えるのが
     拾翠亭ですな」



次回は、その ”拾翠亭” を
ご案内いたしまっす。









by charlienoguchi | 2019-08-23 06:30 | 京都 | Comments(0)



キラク写真講座 の7月の撮影会は、善峯寺へ。



e0369736_17045450.jpg
貫禄のある山門の下で記念撮影。




e0369736_17051884.jpg
この日は雨が降るか降らぬかの
微妙な日でしたが、なんとか
傘を持たずのスタート。



e0369736_20103107.jpg
お地蔵さまにご挨拶。




e0369736_17052315.jpg
7月も中旬でしたが、
可愛い紫陽花が迎えてくれました。




e0369736_17054965.jpg
雨に濡れて美しい。




e0369736_17060551.jpg
善峯寺はお山の中にあって、
見晴らしがいいのです。




e0369736_17063001.jpg
奥へと進むとあじさい苑があります。
残念ながら多くの紫陽花は終わりかけ。




でもね、



でもね、




e0369736_17064394.jpg
枯れかけの紫陽花って
ステキなんだわ♡




e0369736_17064549.jpg
枯れた茶色とライトブルーの
組み合わせも渋好み。



e0369736_19535330.jpg
こんな色の服があれば
着てみたい。




e0369736_17070557.jpg
蜘蛛さんによる演出。




e0369736_19542667.jpg
雨はいつもとはちょっぴり違った
世界を見せてくれますな。




ってな発見もあったりして。




e0369736_17235463.jpg
ところで、こちらの松。
主幹が地を這うように伸びる姿が、龍が伏せ遊ぶ
姿にに見えることから”遊龍”というお名前だそう。



e0369736_17235512.jpg
視線を移していくと……、




e0369736_17235651.jpg
確かに長い!
樹齢600年以上、全長37mもあるそうです。
(昔は50mほどもあったそうな)




e0369736_17084197.jpg
そろそろ雨が降ってきたようで。




e0369736_17084283.jpg
チャー:「さぁ!いよいよ次は
     夢の国に行くのだねっ!」




明日は 大人の夢の国 に行きます。






善峯寺(よしみねでら)
http://www.yoshiminedera.com/









by charlienoguchi | 2019-08-20 20:05 | キラク写真講座 | Comments(0)

素朴で荘厳、岩木山神社




蝦夷富士こと羊蹄山 に引き続き、



e0369736_14240440.jpg
津軽富士こと岩木山へ。
チャー:「壮麗なお姿💕」

津軽平野に裾野を広げるお姿が
なんとも気高く美しい。




e0369736_14240508.jpg
昔から「お岩木さま」と親しまれてきた
山岳信仰の神さまです。

安寿と厨子王伝説があるお山でもあります。
(物語では安寿姫が岩木山の御神体に!)




e0369736_14241719.jpg
なんだかいい匂いがすると思ったら、
目の前はリンゴ畑でした。
チャー:「リンゴのベビィ可愛いね」




e0369736_14241911.jpg
岩木山神社(いわきやまじんじゃ)へ。




e0369736_14242307.jpg
チャー:「手水鉢がリンゴ!」




e0369736_14242951.jpg
素朴な雰囲気の参道を進んでいくと、
大きな楼門が。




e0369736_14243679.jpg
昔は神仏混淆の神社だったのですね。
百沢寺というお寺の楼門として建立され、
十一面観音像、五百羅漢像が祀られて
いたそうです。




e0369736_14243006.jpg

e0369736_14243500.jpg
ユニークなお顔の狛犬さんと獅子さん。





e0369736_14244302.jpg

e0369736_14244926.jpg
こちらも狛犬さんと獅子さんでしょうか。
チャー:「はじめて会うタイプ♪」




e0369736_14245883.jpg
中門が見えてきました。




e0369736_14245977.jpg
チャー:「カラフルで華やかですねぇ」




e0369736_14250820.jpg
どことなく東照宮っぽい造りと色使いだと
思っていたら、”奥日光”と呼ばれていると

教えてもらいました。




e0369736_14250784.jpg
本殿の注連縄には、御幣のついた米俵が。




e0369736_14251244.jpg
岩木山神社拝殿の隣には ”白雲大龍神” 。
奥に進むと岩木山から湧き出た水が
溜まった池があり、神秘的な雰囲気。
何となく撮影は遠慮しました。




e0369736_14252206.jpg

e0369736_14252386.jpg

こちらの狛犬さん獅子さんも
独特でチャーミング。




e0369736_14253002.jpg
勢いよく流れ出るご神水。




e0369736_14253181.jpg
チャー:「しゃっこいねー」
キリッと冷えた、美味しいお水でした。





岩木山神社 岩木山観光協会





by charlienoguchi | 2019-08-01 08:57 | | Comments(0)



大原では、



e0369736_18270488.jpg
紫蘇の畑をたくさん見ました。




e0369736_14263832.jpg
何気なく入ったおうどん屋さんの
柴漬けがとっても美味しかったり、




e0369736_14263963.jpg
チャー:「つやつやですな」




e0369736_17490568.jpg
思わず買ってしまった紫蘇ソフトが
爽やかで美味しかったり。




e0369736_18275101.jpg
さてさて、寂光院へ。
こちらは大原女のモデルとなった
阿波内侍さんが2代目の住職を
務められたお寺です。



e0369736_18275292.jpg
趣のある山門。




e0369736_18280801.jpg
寂光院は、594年に聖徳太子のお父さん
用明天皇の菩提を弔うために建立され、
聖徳太子の御乳人であった玉照姫が
初代住職を務められたそうです。
それからずっと尼寺なのだとか。




e0369736_18275988.jpg
第3代の平清盛の息女・建礼門院徳子さんが、
壇ノ浦で滅亡した平家一門と、徳子さんの子
安徳天皇の菩提を弔いながら晩年を過ごした
ことでも知られています。
その後も高貴な方々によって守られてきた
寺院です。



e0369736_18275362.jpg
お庭も気品が漂っています。




e0369736_18280028.jpg
こちらでも、
沢山のユキノシタに出会いました。




e0369736_18280578.jpg
ご本尊は六万体地蔵尊菩薩。
平成12年に、不慮の火災によって
焼損してしまったそうですが、
現在は模刻された地蔵菩薩像が新しい
本堂にお祀りされています。
大きなお身体に鮮やかでしっとりした
色合いのお地蔵さまに出会えます。




e0369736_18280403.jpg
余韻にひたるチャーリー。





寂光院







by charlienoguchi | 2019-07-18 19:57 | 京都 | Comments(0)


先月のこと。

ふらりと京都、大原へ。



e0369736_09192658.jpg
今回、三千院は素通り。




e0369736_17462608.jpg
途中、ユキノシタの群生に出会いました。




e0369736_17463392.jpg
チャー:「可愛い💕」




e0369736_17463922.jpg
ユキノシタって群生するんですね。
こんなにいっぱい咲いてるのを
初めて見ました。




e0369736_18335232.jpg
チャー:「なんて可愛いんだー💕」
と、すっかりユキノシタにご執心の
チャーリーなのであった。




e0369736_17464520.jpg
さてさて、橋を渡って……、




e0369736_17483070.jpg
宝泉院さんへ。




e0369736_17484354.jpg
鶴亀庭園。
コンパクトさがとても落ち着きます。




e0369736_17484870.jpg
拝観料にはお茶券が付いています。




e0369736_17490039.jpg
お茶をいただきながら、お庭を鑑賞。




e0369736_17485212.jpg
ニッキの香りのするお菓子でした。




e0369736_17485913.jpg
目の前には、五葉松(ごようまつ)。
樹齢700年だそうで、貫禄の佇まいでした。






宝泉院
http://www.hosenin.net/





by charlienoguchi | 2019-07-17 18:30 | 京都 | Comments(0)




あっちーい京都の街中を抜け出して……、




e0369736_21062399.jpg
貴船へ。



爽やかな風が吹いておりました。




e0369736_21062776.jpg
目的地はこちら。




e0369736_21064774.jpg
料理旅館、兵衛さんです。




e0369736_21064843.jpg
チャー:「天然のクーラー、最高〜♪」




e0369736_21071256.jpg
とってもいいお席に案内していただきました。




e0369736_21072200.jpg
川の目の前。
気持ちよすぎてテンション上がりますな。




e0369736_21074192.jpg
チャー:「素敵な休日ですよぅ」




e0369736_21074269.jpg
かんぱーい!




e0369736_21131678.jpg
この日のコースは ”鮎の膳"
可愛らしい八寸からスタート。




e0369736_21090393.jpg
鱒と湯葉のお造り




e0369736_21090455.jpg
炊き合わせ




e0369736_20314293.jpg

お芋さんをあ〜ん♪




e0369736_21123565.jpg
あまりの涼しさに熱燗を。
チャー:「アニキぃ、たまりませんな」




e0369736_21124222.jpg
どーん。
これは何でしょう?




e0369736_21124391.jpg
鮎の笹焼き。
素敵すぎます。




e0369736_21134281.jpg
かぶりつきのチャーリー。




まだまだ続きます。




e0369736_21172845.jpg
牛すき




e0369736_21172931.jpg
酢の物 




e0369736_21173686.jpg
名物、鮎のひつまぶし




e0369736_21173781.jpg
チャー:「混ぜますよー」




e0369736_21175463.jpg
よーく混ぜます。




e0369736_21175533.jpg
チャー:「お腹いっぱいだけど、食べられる♪」




e0369736_21180071.jpg
お茶漬けも美味。




e0369736_21180095.jpg
水物




e0369736_21181513.jpg
チャー:「美しい……」




e0369736_21181524.jpg
とっても美味しくて
大満足のコースでした。




e0369736_21182303.jpg
カフェも忘れてはなりますまい。

お抹茶グラニテ山椒スカッシュ
お抹茶グラニテ酒粕ミルク
お抹茶グラニテエスプレッソミルク




e0369736_21184849.jpg
女将と若女将にご挨拶。
チャー:「美味しかったです〜💕」




e0369736_22134385.jpg
みんなで貴船神社をお参り。




e0369736_21185580.jpg
さて、あっちーい京の街に帰りますかな。






兵衛
https://hyoue.com/






by charlienoguchi | 2019-07-16 09:27 | うんまいうんまい | Comments(0)



白龍園 から、叡山電車を乗り継いで、
八瀬比叡山口へ。



e0369736_12455557.jpg
そこから歩いて5分ほどで
”瑠璃光院 ”に到着です。




門を入って見上げると……、




e0369736_12475109.jpg
チャー:「ほぉ〜💕」
グリーンのベールに包まれていました。




e0369736_12462371.jpg
チャー:「苔も美しい💕」




e0369736_12480457.jpg
書院からの眺め。




e0369736_12494991.jpg
迫りくる新緑!




e0369736_12482069.jpg
この写り込みはテッパンです。




e0369736_12482579.jpg
廊下の写り込みも。




e0369736_12483045.jpg
とにかくリフレクションが印象的。




e0369736_12484188.jpg
池にもリクレクション。




e0369736_12501834.jpg
瑠璃の庭へ。




e0369736_12485787.jpg
チャー:「苔の海で泳ぎたい」




e0369736_12502690.jpg
茶室。
格子模様が楽しい。




e0369736_12504930.jpg
もう一つの茶室へご案内いただきました。
床の間には鈴木大拙の書が。




e0369736_12511153.jpg
茶室の丸窓。
木のシルエットがまるで絵画のよう。




e0369736_12511555.jpg
開けても美しい。




e0369736_12512691.jpg
心霊写真か!?




e0369736_12504240.jpg
みなさんでお茶をいただきました。




e0369736_12503795.jpg
チャー:「ほっとするぅ……」




e0369736_12505899.jpg
瑠璃光院の大梅さんと。
チャーミングな方です♪





瑠璃光院、秋編もどうぞ。
瑠璃光院 〜2018 秋の紅葉〜



by charlienoguchi | 2019-06-25 09:31 | 京都 | Comments(0)


5月のある日のこと。



e0369736_07571139.jpg
叡山電車に乗って、鞍馬・二ノ瀬へ。
チャー:「植物たちが元気だなぁ」




e0369736_07571622.jpg
連行されるチャーリー。




その先は……、




e0369736_08020598.jpg
子供服メーカーの青野株式会社の創業者、
青野正一氏によって約50年前に作られた
お庭”白龍園”です。

観光都市京都にありながら
1日100人限定のため、
静かにゆっくりと楽しめます。




e0369736_07573358.jpg
ガーデンデザイナーのゆーりー先生こと
烏賀陽百合さんにご案内いただき、

イラストレーターのダイモンナオさん
和菓子職人の名主川千恵さん
和菓子職人の藤田のりこさん
とご一緒しました。




e0369736_07575745.jpg
青野株式会社社長で、白龍園の園主、
青野雅行さんにお会いできました!

いつも素敵な笑顔で迎えてくれる
アニキです。




e0369736_08003280.jpg
庭師の川名友菜さん。

モリアオガエルの卵を
見せてくれるの図。




e0369736_08003329.jpg
ご本人は、恥ずかしがり屋のようで。




e0369736_08003595.jpg
ユキノシタも可憐に咲いてます。




e0369736_08012197.jpg
あずま屋 ”龍吟亭”にて。




e0369736_08012214.jpg
素敵な女性たちにチヤホヤされて
満面の笑みでございますな。




e0369736_11030513.jpg]
チャーリーはこの大きな灯籠がお気に入り。




e0369736_11030993.jpg
”奥之院型灯籠” といって、
春日大社の奥ノ院にある燈籠がルーツで
大きくて、六角で、装飾が凝っていて、
十二支が刻られているのが特徴。
(ゆーりー先生談)

ちなみにチャーリーが見てるのは
虎と卯です。
なかなか可愛いのだ。




e0369736_08021209.jpg
こちらは ”福寿亭" 。
苔がモコモコで美しい。




e0369736_08054531.jpg
それぞれのあずま屋からのフレーム構図も
それはそれはお見事なのです。




e0369736_08052868.jpg
スクリーン効果が凄すぎます。




e0369736_08052901.jpg
うっとり。




e0369736_08020615.jpg
園内には鳥居があって、
「白髭大神」と「八大龍王」が
大切に祀られてます。




e0369736_08025595.jpg
目には見えないけれど、
精霊の気配を感じてしまう
そんな聖なる場所。




e0369736_08030292.jpg
チャー:「ほぉ〜、キュート💕」




e0369736_08030327.jpg
みなさん、下を向いて熱心に
ゆーりー先生の解説を聞いています。




e0369736_08031805.jpg
ヒカゲノカズラ(日陰の葛)という
シダ類の植物でした。

ゆーりー先生と庭を歩くと
色々教えてもらえて
気づきが得られたり
視野が広がるのが愉しい。




e0369736_08054823.jpg
高台へ。
チャー:「ここでビール飲めたら最高だろうなぁ……」




e0369736_08055879.jpg
休憩時間の友菜さんに遭遇。

庭師さんは体力仕事。
汗もたくさんかくそうです。
そんなわけで、
水筒がチャーリーより大きい!?




e0369736_08055797.jpg
造営時から白龍園を守っておられる
庭師の水相敏考さんと。






e0369736_07573778.jpg
小さな獅子さんもひっそりと。
チャー:「見つけてね!」






白龍園







More
by charlienoguchi | 2019-06-24 12:30 | 京都 | Comments(0)




4月6日にマネジャー(野口さとこ)が主催する
キラク写真講座のさくら撮影会がありました。

普段は京都で開いている撮影会ですが、
今回の舞台は、滋賀県大津市です。



e0369736_09582276.jpg
気持ちよーく晴れた、お花見日和。
さくらさんもグッドタイミングで
咲いてくれました。




e0369736_09582726.jpg
レギュラー参加の方や、初めましての方、
総勢10名(チャーリーを含む)。





e0369736_09584471.jpg
まずは、軽〜く腹ごしらえ。
長等公園でプチピクニックです。




e0369736_10004677.jpg
メインとなる三井寺へ。




e0369736_10012669.jpg
階段を上って、見晴らしのいい場所へ。




e0369736_10012995.jpg
観音堂と、琵琶湖を望む。




e0369736_10014080.jpg
さらに高い場所を求める人も。




e0369736_10113710.jpg
無事に上れました。




e0369736_10041475.jpg
チャーリーもポーズをきめます。




e0369736_08183896.jpg
チャー:「かっちょよく撮ってくださいよぅ!」





e0369736_10035725.jpg
チャー:「アニキ、足長〜い!」




e0369736_10035082.jpg
さくら模様の三重塔。




e0369736_10023109.jpg

弁慶鐘。
弁慶がこの鐘を引きずって持ち帰ったところ、
鐘が「イノーイノー(帰りたい帰りたい)」と
鳴いたそうな。





e0369736_10022838.jpg
孔雀さんもいました。




e0369736_10022109.jpg
大津絵 ”鬼の念仏”。
ゆるくて可愛い。




ゆるくて可愛いといえば、
こんな方にも会いました。




e0369736_08181813.jpg
三井寺のゆるキャラ、べんべんさん。




e0369736_08182581.jpg
ほら貝を吹いてくれました。
いい音が鳴り響きました。

チャー:「べんべんさん、かっちょいい!」




 e0369736_10040552.jpg
三井寺は広くて、見どころが盛り沢山でした。






〜お知らせ〜
次回のキラク写真講座の撮影会は、
2019年5月19日(日)
神戸市垂水の舞子公園へ。

歴史のある建物や海、明石海峡大橋などを
撮り歩きます。

iPhone、コンパクトカメラから
一眼カメラまで色んなカメラで
気楽にご参加いただける会です。
チャーリーも参加しますよー。

よろしければぜひ!
お申し込みはこちらから。
 ↓
キラク写真講座 撮影会明石海峡大橋と舞子公園








by charlienoguchi | 2019-05-09 08:26 | キラク写真講座 | Comments(0)

写真家 野口さとこの相棒、モデルのチャーリーの世界。 美味しいものと京都慕情。日常と珍道中。satokonoguchi.com


by チャーリー
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31