タグ:社会科見学 ( 15 ) タグの人気記事

京都御苑の拾翠亭


e0369736_19145645.jpg
チャー:「拾翠亭に行ってみよう〜」




e0369736_18282213.jpg
ということで、京都御苑内にあります
” 拾翠亭(しゅうすいてい) " へ。





e0369736_19554325.jpg
江戸時代後期、五摂家の一つ
九条家の別邸として建てられ、
茶会や歌会などの社交の場に
利用されていたそうです。




e0369736_18330765.jpg
”拾翠"という名前には、
”緑の草花を拾い集める”
という意味が込められて
いるのだそうです。

チャー:「まさにそんな感じですなぁ」




e0369736_18312825.jpg
広い縁側。
貸切状態でした。




e0369736_18302547.jpg
チャー:「ほぅ、こりゃいいや」



はて?



何が?



e0369736_18303836.jpg
大きな沓脱石でした。




e0369736_18305432.jpg
確かに良さそう。




e0369736_19473336.jpg
見上げるとここにもサルスベリ。
九条家の方々はサルスベリが
お気に入りだったのでしょうか。



こちらの記事もどうぞ。
 ↓




e0369736_19505303.jpg
手水鉢にサルスベリという演出がニクい。




e0369736_19445455.jpg
茶室へと続く廊下。




e0369736_18284747.jpg
チャー:「渋い……」




e0369736_18300572.jpg
築200年の建物は、
随所から貫禄を感じます。




e0369736_18315973.jpg
急な階段を上って2階へ。




e0369736_18322107.jpg
チャー:「なんとも素敵な眺め♡」




e0369736_18340882.jpg
九条家の方々もこの景色を
愉しまれていたのでしょうか。



e0369736_19201290.jpg
”縁高欄(えんこうらん)”という
手摺から九条池を見下ろすことが
できます。




e0369736_18324356.jpg
障子は、紙を1/2づつずらして貼る
”石垣貼り”です。
大変高度な技が要る貼り方らしく
光のニュアンスが美しい。




e0369736_19210159.jpg
欄間には、”丁子七宝 ”の紋の
意匠が凝らされています。




e0369736_18344876.jpg
ちょっぴりかしこまって。




e0369736_18351797.jpg
九條池の対岸に、厳島神社があります。
平清盛が建立したということですから、
拾翠亭が立てられるよりずっと前から
こちらにお祀りされているのですね。




e0369736_18351865.jpg
チャー:「お参りにきましたよ〜」

チャームポイントは、
唐破風鳥居という屋根がぽこんと
滑らかな形をしているところ。
京都三珍鳥居のひとつなんですって。






京都御苑 拾翠亭(しゅうすいてい)






by charlienoguchi | 2019-08-23 08:00 | 京都 | Comments(0)



工場からバスにのって、試飲会場へ。



e0369736_21142172.jpg
チャー:「この時を待っていた!」




e0369736_21143341.jpg
チャー:「ひゃー💕」




e0369736_21152834.jpg
かんぱ〜い♪




e0369736_21145280.jpg
チャー:「なんでこんなに美味しいの!」




e0369736_21183984.jpg
工場で出来立ての生ビールですし。
”神泡”ですし。




e0369736_21142995.jpg
香るエールも。




e0369736_21152400.jpg
マスターズドリームも。




たっぷり3杯無料で試飲させてもらえます。
試飲っていうのが申し訳ないほどです。




e0369736_21214798.jpg
神泡サーバー を使って、
きめ細かいなめらかな泡を
作る方法を実演してくれます。




e0369736_13180911.jpg
お見事!




e0369736_21180109.jpg
上機嫌の大人たち。

無料送迎バスが
最寄駅まで送ってくれます。
至れり尽くせり……、
さすが夢の国です。




e0369736_21180289.jpg
今回も、袖岡さん、スタッフの皆さんが
見えなくなるまで手を振って見送って
くださいました。

素晴らしすぎるー!





サントリー〈天然水のビール工場〉京都ブルワリー
http://www.suntory.co.jp/factory/kyoto/







by charlienoguchi | 2019-08-21 13:23 | うんまいうんまい | Comments(0)



大人の ”夢の国” へ。



e0369736_21103779.jpg
チャー:「あの大きなタンクの中に、
     夢と希望が詰まっているのだー」




e0369736_21103800.jpg
ついつい、はしゃいでしまう
大人たちなのでございます。




e0369736_21104258.jpg
2017年 にもご案内していただいた
袖岡さんと再会!





e0369736_21104317.jpg
この日はとても人気のある日だったようで、
たくさんの人が訪れていました。
まずは簡単に映像でビールのお勉強。




e0369736_21104769.jpg
そして工場へお邪魔します。




e0369736_21105899.jpg
仕込槽。
工場自体はお休みの日でしたので、
ちょっと寂しかったです。




e0369736_21110380.jpg
プレミアムモルツは天然水仕込み。
天然水の生まれる森をイメージした
通路を進みます。




e0369736_21110469.jpg
チャー:「こんなのができてるー!
     さっきみたタンクだなぁ」


これですな。
 ↓
e0369736_21103779.jpg
やっぱり、夢と希望が詰まってました。





e0369736_21115941.jpg

e0369736_21120019.jpg

e0369736_21124130.jpg
この辺の流れは、2017年の記事、
をご覧ください。




e0369736_21124329.jpg
トンネルを抜けたら、
いよいよ 試飲タイム へ。







サントリー〈天然水のビール工場〉京都ブルワリー
http://www.suntory.co.jp/factory/kyoto/






by charlienoguchi | 2019-08-21 12:23 | うんまいうんまい | Comments(0)


津軽の文豪といえば……、



e0369736_11372349.jpg
チャー:「太宰治アニキ!」

彼が育った金木町の生家、
太宰治記念館を訪ねました。




e0369736_10385274.jpg
この豪邸は明治40年、太宰治の父、
津軽の大地主で実業家、津島源右衛門さん
によって建てられた建築です。

戦後になって津島家が手放し、
昭和25年から旅館 ”斜陽館” となり、
現在は”太宰治記念館”となっています。




e0369736_11373134.jpg
まずは蔵の前で撮影してみました。




が……、




チャー:「うーん、うーん、
     イマイチ盛り上がりに欠けない?
     そうだ!」




e0369736_11373382.jpg
チャー:「ぐふふ」




e0369736_11383297.jpg
作務衣に法被姿になってみました。
チャー:「この方がしっくりくるっしょ?」




e0369736_11383340.jpg
旅館 ”斜陽館” の番頭さん気分のようで。

こちらは板の間。
吹き抜けから入る自然光がいい感じ。




e0369736_11383799.jpg
昔のお家は、家族の中でも身分制度が
あったそうで、一段高い座敷でご飯を
食べることができたのは、お父さんと
長男だけだったそうです。

この段差、少し高くなっているだけ
なのですが、うっかりしてると、
ずっこけちゃうので要注意。




e0369736_11383832.jpg
4部屋の和室を開放すると、
63畳の大広間になるらしい。
とにかく作りが大きい島津家です。

チャー:「大宴会ができますねぇ」




e0369736_11384365.jpg
チャー:「お仏壇も大き〜い!」




e0369736_11384411.jpg
意匠が凝らされていて、細部への
こだわりが感じられます。

太宰治は、
”風情も何もないただ大きいのである”
と思っていたようですが……。




e0369736_11385002.jpg
チャー:「も〜い〜よっ」




……、誰とかくれんぼ?




e0369736_11384960.jpg
太宰治に想いを馳せる。





e0369736_11411130.jpg
チャー:「2階もあるよー」




e0369736_11394868.jpg
和洋折衷な感じがとっても素敵。




e0369736_12005939.jpg
2階からお庭を望む。




e0369736_12010009.jpg
鹿鳴館風の洋間。




e0369736_12010438.jpg
こちらはお母さんのお部屋だった空間。
右から三番目の襖に書かれている漢詩に
ご注目なのでございます。




e0369736_11405748.jpg
「斜陽」という文字が。
旅館時代から太宰ファンに「斜陽の間」
として親しまれてきたそうな。




e0369736_12010555.jpg
鬼に捕まったようで……、
かくれんぼ終了のようです。




e0369736_12011272.jpg
鬼の正体は階段の装飾でした。




e0369736_12011953.jpg
蔵に続く階段。
太宰治は子どもの頃、
この階段で遊んでいたそうです。




e0369736_12012823.jpg
小さな太宰治に会いました。
彫刻家 中村晋也さんの作品。




太宰治像に見とれていると……、




e0369736_12012766.jpg
津軽美人に出会ったのであります。

長尾真紀子さん。
五所川原で音楽教室や書道教室の先生を
している傍ら、太宰治のイベントなどで
作品の朗読をしたり、イベントの司会を
しているという、素敵な女性。



真紀子さん:「おめ、だだば !?
チャーリー:「わ、チャーリーだぢゃ



津軽弁での会話に挑戦。




e0369736_12214003.jpg
真紀子さん:「デッけぇ銅像は公園さ
       行げばあるばって、イグ?

という訳で、ご案内していただけることに。




e0369736_12032644.jpg
の前に、何故か駅。




e0369736_12031624.jpg
なんと、
公園の中に汽車が走っているのです!
電車じゃなくて、汽車ですよ!




e0369736_12031709.jpg
津軽鉄道、その名も ” 走れメロス号 ”




e0369736_12214115.jpg
真紀子さん:「これが太宰治の銅像だおん」
チャーリー:「おんろー、かっこいっきゃ!」




e0369736_18521554.jpg



短い時間でしたが、バイリンガルの
真紀子さんから津軽弁をちょこっと
教えていただきました。
日本語とは思えないフランス語のような
なめらかな言葉はなかなかにディープで
クセになりました。

真紀子さん、ありがどーごし!










by charlienoguchi | 2019-08-06 21:54 | | Comments(0)


美国の海へ。



e0369736_14211054.jpg
チャー:「ごまちゃん、
     これからお船に乗りますよ」




e0369736_14211145.jpg
チャー:「ニューしゃこたん号が来た〜」




e0369736_14211569.jpg
乗船!




e0369736_14213873.jpg
どんどん沖から離れていきます。




e0369736_14211644.jpg
宝島が見えてきました。




e0369736_14212662.jpg
チャー:「アニキぃ、気持ちいいですねー!」




e0369736_14215361.jpg
チャー:「宝島が遠ざかる〜」




e0369736_14220254.jpg
人の顔に見えるという岬。
そういわれてみると鼻の通った
人の横顔に見えるかも。





e0369736_14215236.jpg
キト浜。




e0369736_14221156.jpg
チャー:「おぉぉぉぉ〜!」
日本海とは思えない美しさ。




e0369736_14221009.jpg
チャー:「シャコタンブルー!」




e0369736_14222149.jpg
このお船は、水中展望船。
下に降りるこの通り、海の中を
見れるようになっているんです。

皆さん、海中に釘付け。




e0369736_14222021.jpg
チャー:「海の中を散歩してるみたい」




e0369736_14222612.jpg
よくわからなかったのですが、
黒いのが雲丹らしい。




e0369736_14222785.jpg
船から見える大きなお山には
残雪が残っているのが見えました。






水中展望船 ニューしゃこたん号







by charlienoguchi | 2019-07-25 08:33 | | Comments(0)



e0369736_17582745.jpg
パシャッ

  カシャッ

   パシャカシャッ



e0369736_17582685.jpg
舞子公園にシャッター音が鳴り響く(?)




e0369736_17581624.jpg
チャーリーズエンジェルさんたち。


e0369736_17581918.jpg
こちらもエンジェル?



さてさて




いよいよ




世界一長い大吊橋、明石海峡大橋のたもと
” 舞子海上プロムナード” へ。




e0369736_16162620.jpg
チャー:「この上に!」




e0369736_13395742.jpg
エレベーターで一気に8階、47mの高さへ。




e0369736_13392326.jpg
遊歩道みたいになってます。




e0369736_13394779.jpg
チャー:「旧武藤邸と孫文記念館が見えますよー」





e0369736_13395143.jpg
ヨットも気持ちよさそう。




e0369736_13411767.jpg
チャー:「わぉ」




e0369736_13391817.jpg
チャー:「ぬ、ぬ、ぬけたらどうしよう!」




e0369736_13401626.jpg
おーい!




e0369736_13401554.jpg
おーーーーーいっ!







兵庫県立 舞子公園








by charlienoguchi | 2019-06-13 18:01 | キラク写真講座 | Comments(0)


旧木下家住宅 から、てくてく歩いて……、




e0369736_10390050.jpg
舞子公園へ。




e0369736_10390830.jpg
明石海峡大橋と淡路島を望む。

左にちょこっと見えますのが、
明治40年に実業家 武藤山治氏が建てた
コロニアル様式の洋館、旧武藤山治邸。+




e0369736_11523378.jpg
テラスでくつろぐ皆さん。
カフェになっています。




e0369736_10393433.jpg
円形のバルコニーも素敵。




e0369736_10393625.jpg
目の前は明石海峡大橋。




e0369736_10391831.jpg
上品な色合いのステンドグラス。




e0369736_10392374.jpg
鏡チェック中。




e0369736_10392675.jpg
内装も素敵です。
こちらは食堂。




e0369736_10392915.jpg
貴賓室からの眺め。
ガラスの揺らぎがいいなぁ。




さてさて。




e0369736_10390473.jpg
モニュメント”夢レンズ”で記念撮影したら、





e0369736_13253257.jpg
孫文記念館、”移情閣” へ。




e0369736_10402432.jpg
”舞子の六角堂”として親しまれてきたそうな。




e0369736_10402783.jpg
中国の革命家であり思想家の孫文さんを
学べる日本で唯一の施設であります。




e0369736_10404092.jpg
孫文さんが大正2年に神戸にやって来た時、
ここ移情閣で歓迎会が開かれたのだそう。

そんなご縁で、その後”孫文記念館”へ。




e0369736_10403114.jpg
小さな孫文さんに話しかけるチャーリー。

チャー:「ごにょごにょ……」




e0369736_13322473.jpg
金唐紙の壁紙がゴージャズ。




e0369736_13302776.jpg
鳳凰が飛ぶ天井。




e0369736_10404926.jpg
ここも窓からの眺めが素晴らしいのでした。











兵庫県立 舞子公園







by charlienoguchi | 2019-06-11 22:18 | キラク写真講座 | Comments(0)

ディープ 新世界




e0369736_23481958.jpg
大阪、天王寺動物園の近くへ。




e0369736_23482097.jpg
チャー:「通天閣〜♪」




e0369736_23484863.jpg
東京に住んでいたチャーリーは思いました。
チャー:「浅草とか上野に似てる〜」




e0369736_23484977.jpg
チャー:「この雑然さがたまらなく楽しい」

通天閣タワーに上ってみたかったのですが、
1時間待ちの大行列で断念。




新世界は、人、人、人、で大混雑。
カメラ散策が楽しいエリアでした。




e0369736_11474597.jpg


e0369736_11475700.jpg

e0369736_11475337.jpg

e0369736_11475246.jpg

e0369736_11474655.jpg

e0369736_11475871.jpg

e0369736_23491782.jpg





こんな中、チャーリーの心を射止めたのは……、




e0369736_11500061.jpg
チャー:「手書きの看板!?」




e0369736_23491890.jpg
国際地下劇場という名前もディープなのに、
この味わい深すぎるポスター。




e0369736_23492891.jpg
チャー:「こっちがいいかなぁ……、寄ってく?」
日劇にて。




マネジャー:「うーん……、またの機会にね!」




e0369736_23501900.jpg
通天閣に来たら、こちらもお参りさせてもらいましょう。




e0369736_23502654.jpg
チャー:「ビリケンさん、こんにちは」




e0369736_23502745.jpg
チャー:「なでなで」






e0369736_23503837.jpg
串カツ食べて、




e0369736_23503982.jpg
たこ焼き食べて。




e0369736_11500458.jpg
タイガースのおっちゃんには声かけられず。




e0369736_11500867.jpg
独特のエネルギーに圧倒されたチャーリーとマネジャーでした。





チャー:「次回は、映画館ね♪」






by charlienoguchi | 2019-02-26 12:15 | | Comments(2)

高砂の花井家住宅


”高砂や” の高砂 散策中、 カフェ ”まどいせん”さん
ご紹介いただいた、”花井家住宅”へ。
国登録有形文化財の歴史ある建物です。


e0369736_08005562.jpg
花井家は、肥料問屋を営んでいたそうで、
住宅と倉庫が隣接しています。




e0369736_08015574.jpg
チャー:「おじゃましまーす」




とお座敷へ。




e0369736_08011211.jpg
チャー:「おっとっと、捕まっちゃった」





e0369736_08011930.jpg
捕らえられた宇宙人状態ですが……、
花井家住宅を管理しておられる濱田さんです。




e0369736_08022424.jpg
坪庭もあります。




e0369736_08023197.jpg
お風呂は五右衛門風呂。




e0369736_08030898.jpg
レトロな看板も見せてもらいました。




e0369736_08024174.jpg
奥の倉庫への通路では、パネル展示。




e0369736_08024775.jpg
高砂染のワークショップもしてるんですって。

濱田さん:「高砂染は、高砂神社境内にある”相生の松”を
      モチーフに型染めという技法で染め出すという
      伝統的で貴重な染め物なんですよ」

チャー:「へぇ!今さっき、高砂神社にお邪魔してきたんですよー」

        → ”高砂や” の高砂



e0369736_08033794.jpg
チャー:「ほぉ〜、美しい〜、これが高砂染なんだ!」






……、花井家を後にして、高砂の町を歩いていると……、



背後から走ってきた車が目の前で急停車。




e0369736_15175014.jpg
中から素敵な女性が。
おねえさん達:「チャーリー💕」
チャーリー:「えっ!? ファンの方ですか?」
おねえさん達:「い、いえ、そういう訳では……」




e0369736_15174908.jpg
まどいせんの陽子さん のご友人でした。
チャーリーがまどいせんを出た後に、お二人がお店に来られて
陽子さんがチャーリーの話をしてくれたそうで。

偶然お会いできたのでした。






花井家住宅 facebook
https://www.facebook.com/pages/高砂来て民家-旧花井家住宅/530699446940499






by charlienoguchi | 2018-03-13 14:42 | | Comments(0)



を終えたチャーリー。




e0369736_20321149.jpg
チャー:「勉強になったし楽しかったぁ!」



それでは


いよいよ


いよいよ


お楽しみの


試飲タイム!



e0369736_20293770.jpg
チャー:「イェーイ♪」

まずは、出来立てのプレモルから。
やっぱり、お家で飲むのとは違う……、
驚きのうまさです。




e0369736_20302007.jpg
お次は、<香る>エールを。




e0369736_20302963.jpg
チャー:「泡が、泡が! おねえさん流石にお上手!」




e0369736_20303896.jpg
エールビールは、フルーティで香り豊か。




e0369736_20304657.jpg
醸造家がこだわりが凝縮している
マスターズドリーム。

ダンディなアニキを思わせる
シックで濃密なお味♡




e0369736_20324428.jpg
缶ビールでの美味しい泡の作り方、
実演タイム。

最初に勢い良く注ぎ入れ、
どんどん泡を作ります。
そのあと、ゆっくり注ぎ入れたら……、




e0369736_20325201.jpg
はい出来上がり♪

黄金比、泡の盛り上がり、お見事!
会場から拍手が沸き起こりました。





e0369736_20330113.jpg
チャー:「ますますプレモルが好きになった!」





e0369736_20350544.jpg
ご案内いただいた竹田さん、
ありがとうございました〜。




e0369736_20290323.jpg
袖岡さん、ありがとうございました〜。




e0369736_20351584.jpg
チャー:「必ずまた来ます〜〜〜!!!」



ずーっと手を振って見送ってくれた竹田さんに感激。




サントリー〈天然水のビール工場〉京都ブルワリー
http://www.suntory.co.jp/factory/kyoto/






by charlienoguchi | 2017-10-31 09:25 | うんまいうんまい | Comments(0)

写真家 野口さとこの相棒、モデルのチャーリーの世界。 美味しいものと京都慕情。日常と珍道中。satokonoguchi.com


by チャーリー
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31